看護師

認知症は早期発見・早期治療で進行を遅くする事が可能。発症すると完治は不可能。どんな病気も早期発見・早期治療が必要ですね。

病院には、高齢者が沢山入院していますが、その多くの方は認知症の症状があるんです。
認知症が進んでしまうと、自立した生活をするのは難しいですよね。
時間や場所、人の顔や名前がわからなくなったり、徘徊や危険行動など、認知機能の障害から、
言葉が出なくなったり、判断能力も低下してしまうんですよね。
認知症が進んで、介護が必要な状態になると、家族もとても苦労する事になるんです。
認知症にはいろいろな周辺症状があるので、危険から守る為にも、常に目を離すことができないんですよね。
そのような症状の患者さんが沢山入院しているので、看護師の負担もとても大きいんですよ。

 

認知症というのは、一度発症すると、完治する事はできないんですけど、
早期発見する事で進行を遅らせる事ができるんです。
認知症の原因というのは、病気やストレス、その他にまだ明らかにされていない部分のあるんですけど、
病気を治療する事で認知症を改善できる、といった場合もあるんですよね。
それに、現在では、認知症の治療薬も開発されているので、その薬を使用する事で、進行を遅らせる事もできるんですよ。

 

認知症を防ぐ為には、生活習慣を見直す事もとても大切なんです。
運動不足や、タバコやアルコール、食生活の偏りなどは、認知症の原因になりやすい要因なんです。
全ての病気に対して言える事なんですけど、とにかく早期発見、早期治療が大切なんです。
誰でも病気になりたくありませんし、もちろん認知症にもなりたくありませんよね。
健康な状態で過ごす為には、生活習慣を見直すなどして、予防する事はとても重要なんです。
自分の為にも、それに、家族に負担をかける事なく、幸せな生活を送る為にも、自分でできる事は改善したいですね。